絶対に会社の同僚に内緒にしたい!在籍確認アレコレ

キャッシングやカードローンを申し込んだけれど、会社の同僚にバレてしまうのはなんとなく恥ずかしい…。でも、在籍確認があるよね?と心配なあなた!安心してください。多くの場合、会社の同僚にバレずに在籍確認を終わらせることができます。

 

そもそも在籍確認とは一体何をするのか?

 

在籍確認とはキャッシングやカードローンを申し込んだ際に行われる審査のうちのひとつです。

 

まず銀行や貸金業者は、申込者がきちんと返済できるかどうかを、個人信用情報の開示をすることによって確認します。
申込みの際に申告された年収や、過去の借入実績、事故情報が無いかどうかを確認して審査をするのです。

 

それと合わせて、申込者が申告した勤務先に本当に在籍しているのかどうかを、実際に電話連絡を行うことによって確認します。これが一般的に在籍確認と呼ばれるものです。

 

審査において必須と言われる理由に迫る

 

では在籍確認の重要性はどのくらいのものなのでしょうか?多くの場合、在籍確認が行われる時点で借入のための審査はほぼ通過していると言って良いでしょう。

 

しかし、この在籍確認がきちんと取れない場合、残念ながらそこで審査に落ちてしまうことがあります。お金を貸す側としては、申込者に返済能力があるかどうか(働いて収入を得ているかどうか)が一番知りたい情報です。
ですので、在籍確認は審査をする側にとってとても重要な一項目なのです。

 

働いてもいないのに嘘の勤務先を申告していたなどはもってのほかですが、勤務先に在籍はしているが休職中である(現時点で職場にいない)などの場合も審査に影響しますので注意が必要です。

 

お金の貸し借りには、信用というものが大切ですので、必ず正しく申告するようにしましょう。

 

実際の在籍確認の流れをみてみよう

 

では実際にどのような流れで在籍確認は行われるのでしょうか?まず電話がかかってくる日時ですが、多くの場合これは抜き打ちで行われます。もしその時間に席を外していたり外出している場合は、また日を改めて電話がかかってきます。

 

申込みの際に携帯電話などの連絡先も申告している場合は、携帯電話に直接確認の電話がある場合もあります。無事に本人まで取り次ぎが出来た時は、氏名・生年月日・勤続年数・申込み内容に間違いがないか、などを確認するだけで終了します。

 

タイミングが合わ、何度もすれ違ってしまった場合は、電話での在籍確認は行わず、書類での在籍証明書などの提出が求められることがあります。

 

バレないための工夫が至る所にアリ

 

さて在籍確認の際に一番気になるのが、会社の同僚に借入をしたことがバレないかどうかということです。外線を受け取るのがいつも自分ならば良いのですが、四六時中電話に張り付いていられない人がほとんどだと思います。

 

しかし安心して下さい、もし在籍確認の際に申込者では無い人が電話口に出た場合、消費者金融などの貸金業者は担当者の個人名を名乗るなどの配慮をしてくれます。これならば業務上の電話と変わりありませんので、借入をしたとバレることもありませんね。

 

ただし、電話に出た方がセールスなどと勘違いして「○○は在籍しておりません」などと返答されてしまうと問題ですので、それとなく自分に電話連絡があるかもしれないので繋いで欲しいと根回しをしておくことも大切です。