内緒でカードローン利用時のその他のローンとの関係性

家族に内緒で銀行カードローンに申し込みたいって思う方は多いのではないでしょうか。銀行カードローンは原則として、利用履歴等はWEBで確認するようになっていますので、明細書とかは出力されません。その点は安心ですが、カードローン以外のローンに影響はないのかお教えします。

 

その他のローンに影響はあるのかの検証

 

銀行カードローンに申し込み、枠をもらうと指定信用情報機関のCSC,JICC、KSCに極度額という枠が記入されます。

 

よく勘違いされやすいのは、枠は作っているがお金を借りていないのだから、情報は載らないんではないかと思われている人もいますが、極度額を作った時点で枠は作られているのでお金を借りていなくても信用情報機関には記録されます。

 

住宅ローンは通らないってホント?

 

住宅ローンは各銀行の審査によるので、各銀行の対応によるといったのが答えです。
厳しいところは銀行カードローンや消費者金融のキャッシングの枠があるだけで、審査に通過させないところもありますが、最近では誰でも借入くらいするだろうと昔よりは寛容になっているようです。

 

ただし、大きく借入をしていると住宅ローン審査に落ち、家族に内緒にしていた借金がバレる可能性がありますので気を付けてください。

 

自動車や住宅ローン、クレジットカードへの影響を確認

 

銀行カードローンの借り入れがあっても、現在では自動車ローンや住宅ローン、クレジットカード審査への影響は少ないとされています。
ただし、借りすぎや浪費癖が確認できるようでしたら審査にマイナスの影響をあたえますので、重要なローンを組む時にはなるべく借入をすべて返済して、限度額をなくしたほうがいいでしょう。。

 

また、最近では大手消費者金融からのキャッシングは大目にみられることが多くなりましたが、中小消費者金融から借入がある人はイメージが悪くとられますので気を付ける必要があります。なるべく、中小消費者金融から借入を行わない方がいいでしょう。

 

ただし、総量規制の影響は心配なし

 

銀行カードローンのいいところは、なんといっても総量規制の影響がないところです。
これは単純に、年収3分の1以上借りる事が出来るだけではなく、収入証明書などが必要ないといった利点もあります。

 

銀行カードローンは消費者金融等とは比べ物にならない位便利ですので、最初に利用するなら銀行カードローンにするといいでしょう。
家族にも内緒にして借りることが出来ますので、消費者金融よりも銀行カードローンの方が断然お勧めです。